さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび大学

さわらび大学とは

さわらび会は、日頃から変化する社会の 動きをよく見極め、その中で私たちが果 たすべき役割を探し、地域の皆様のお 役に立てる活動を常にめざしています。 そこで、地域の皆様の一生の幸せと健 康を守ってゆく目的と、それを支える私 たちの資質向上 をめざし「さわらび大学」を開講しています。
さわらび大学では、福祉村病院の医師や各施設の職 員などが講師となり、職員はもとより広く地域の皆様にも参加を呼びかけ医療・福祉の知識や情報などを分かりやすく説明・解説することで、参加した皆様が 知識を広め健康の維持・増進に繋がればとればと思っています。この講座は 受講費無料で開講し、皆様のご要望に応じテーマを決めてゆきたいと思います。

講座案内

2017年6月 開催

7月5日(水) さわらび大学

平成29年度第2回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成29年7月5日(水) 午後1時30分~3時20分
【場所】    福祉村病院 1階 大会議室
【内容】
   講義1:「介護予防・日常生活生活支援総合事業について」
       講師:豊橋市役所長寿介護課
                       (講義分類:福祉)
   講義2:「癒されるには訳がある」
       ~ 音楽コンサートで癒し療法 ~
       講師:雅楽演奏家       近藤 泰史 氏
                       (講義分類:一般)
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
     さわらび大学受講申込書

6月7日(水) さわらび大学

平成29年度第1回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成29年6月7日(水) 午後1時30分~4時00分
【場所】    福祉村病院 1階 大会議室
【内容】
   開校式・さわらびマスター認定授与式
         さわらび会 理事長 山本 孝之 氏
   講義1:「介護者の実例について」
       ~ 実際に介護している家族の生の声をお届け! ~
       講師:福祉村地域包括支援センター
                    居澤 知佳 氏
                       (講義分類:福祉)
   講義2:「加齢に伴う運動機能疾患と対策」
       ~ 一緒にやろう!その場でできる肩こり、ひざの痛み体操
           腰痛体操生実演! ~
       講師:福祉村病院 リハビリテーション部
                部長  榊原 利夫 氏
                       (講義分類:医療)
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
       さわらび大学ポスター&申込み用紙

2017年3月 開催

平成29年度新規採用職員研修4日目@さわらび会

日時:平成29年3月24日(金)9:00~18:00
場所:豊橋市内各施設他
平成29年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。
4日目は以下の日程で行われました。
9:00~ オリエンテーション 担当:さわらび会研修委員
9:30~ 消火器の使い方について 担当:さわらび会研修委員(福祉村内公園)
10:00~ 施設見学:常盤(宮下町)、平川グループホーム(平川本町)、白珠(平川本町)、カサブランカ(三ノ輪町)、シャトーローズ八町(八町通)、さわらび荘(浪ノ上町)、天伯(天伯町)
17:30~ 振り返り及びオリエンテーション 担当:さわらび会研修委員

 

 

 

 

 

4日目はまず、消火訓練を行いました。水消火器を使った訓練でしたが、実際の消火器と同様の操作で噴射する仕様であり、一つひとつ操作方法を確認しながら取り組んでおられました。

その後、豊橋市内の各所で展開している、さわらび会各施設及び事業所を順に見学していただきました。福祉村の中だけでなく、市内各地域に密着しながら高齢・障害福祉サービスを提供している事を紹介しました。

次週より介護技術研修を予定しております。(研修委員会事務局)

平成29年度新規採用職員研修3日目@さわらび会

日時:平成29年3月23日(木)9:00~18:00
場所:福祉村各施設他
平成29年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。
3日目は福祉村内の各施設の見学や、グループワークを行いました。
各施設の見学時間およびグループワークと講座の概要は、以下のとおりです。
9:00~ 施設見学1:ジュゲム、福祉村病院、クリーニングセンター、第二さわらび荘、珠藻荘 5施設 各15分)
10:30~ 講義「認知症サポーター養成講座」 講師:福祉村地域包括支援センター職員
13:00~ 施設見学2:カサデヴェルデ(豊橋市杉山町)
14:30~ グループワーク 担当:さわらび会研修委員
15:45~ 施設見学3:あかね荘、しろがね、若菜荘、明日香、フェリス福祉村(福祉村内 5施設 各15分)
17:30~ 研修の振り返り及びオリエンテーション 担当:さわらび会研修委員 

 

 

 

 

 

3日目はまず、福祉村内各施設及びカサデヴェルデを順に見学していただきました。さわらび会が様々な施設を運営している事からも、高齢・障害福祉には様々なサービスが必要だという事を感じていただけたと思います。

各施設の見学の後は、認知症サポーター養成講座を行いました、認知症があっても住み慣れた地域で生活が送れるように、本人や家族を温かい目で見守ることができる人を増やしていくための講座で、寸劇やゲームを交えながら研修参加者の皆さんにも取り組んでいただきました。

その後グループワークを行い、研修参加者間で親睦を図る意味も含めて、自己紹介やそれぞれの趣味などについて話し合いました。その後、架空の事例を元に、研修参加者の皆さんで事例に対する支援案を出し合うなど積極的に発言をしていただきました。

福祉村内だけでも、多種多様な施設があることや、認知症サポーター養成講座やグループワークで研修参加者同士が積極的に交流をするなど、3日目も充実した研修になったと思います。(研修委員会事務局)

平成29年度新規採用職員研修2日目@さわらび会

日時:平成29年3月22日(水)9:00~18:00
場所:福祉村病院 大会議室
平成29年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。
2日目は以下の日程で行われました。
9:00~ 講義「感染症について」 講師:小橋修院長(福祉村病院)
10:10~ 講義「認知症について」 講師:伊苅弘之副院長(福祉村病院)
11:20~ 講義「社会人としての基本的ルールとビジネスマナー」 講師:山本淑子副院長
13:20~ 講義「身体障害者福祉について(1)」 講師:森正比古施設長(珠藻荘)
14:00~ 講義「身体障害者福祉について(2)」 講師:石黒稔施設長(しろがね)
14:40~ 講義「知的障害者福祉について(1)」 講師:井川襄(明日香)
15:20~ 講義「知的障害者福祉について(2)」 講師:井上幹詞管理者(グループホーム)
16:00~ 講義「高齢者福祉について(1)」 講師:長坂敏幸施設長(フェリス福祉村)
16:40~ 講義「高齢者福祉について(2)」 講師:村田智施設長(若菜荘)
17:10~ 研修の振り返り試験及びオリエンテーション 担当:さわらび会研修委員

 

 

 

 

小橋修院長の講義「感染症について」では、インフルエンザやノロウィルス等を例に、感染症の基本や対応方法などを述べられました。最近では感染症に関する動画も多く、そういったツールを上手に活用することも有効であるとのことでした。

伊苅弘之副院長「認知症について」では、認知症の定義や認知症に至るさまざまな病気などについて述べられました。また認知症の対応に困ったときは、認知症ケアの3原則に立ち戻ることにより、解決できることが多いと締めくくられました。

山本淑子副院長の講義「社会人としての基本的ルールとビジネスマナー」では、社会人として身につけるべき基本的なルール・ビジネスマナーを、社会人としての自覚を促しながら述べられました。

森正比古施設長の講義「身体障害者福祉について(1)」では、身体障害者の定義及び分類日本の障害者施策の経緯について資料をもとに講義をされました。また、身体障害を含む3障害を有する国民の割合がおよそ6%なる等、具体的な数字をもとに分かりやすく説明して頂きました。

石黒稔施設長の講義「身体障害者福祉について(2)」では、石黒施設長が管理されている「しろがね」の利用者の方の事例をもとに、身体障害について講義をしていただきました。

井川襄施設長の講義「知的障害者について(1)」では、井川施設長が管理されている「明日香」の利用者の方や周辺の状況を例に講義をしていただきました。

井上幹詞管理者の講義「知的障害者福祉について(2)」では、グループホームについて、利用者の方の日中の活動や、さわらび会の地域での支援体制、知的障害への虐待についてなどが述べられました。

長坂敏幸施設長の講義「高齢者福祉について(1)」では、高齢者保健福祉政策の流れ、介護保険制度導入の経緯や要介護認定のしくみ、介護保険施行後10年が経過した今の課題や認知症の特徴についてなど、介護保険制度を取り巻く環境を、順を追って述べられました。

村田智施設長の講義「高齢者福祉について(2)」では、地域包括ケアシステムについて述べられました。今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要とのことでした。

最後に、1日目同様さわらび会研修委員より、本日の研修の振り返り試験とオリエンテーションを行いました。専門性の非常に高い研修内容であった為か、研修に参加をされた皆さんの表情がとても凛々しく感じました。(研修委員会事務局)

平成29年度新規採用職員研修1日目@さわらび会

日時:平成29年3月21日(火)10:45~18:00
場所:第二さわらび荘1階 ふれあいホール他
平成29年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。
1日目は以下の日程で行われました。
10:45~ 講義「さわらび会の理念と歴史」 講師:山本孝之理事長
11:25~ 講義「さわらび会職員としての心構え」 講師:山本ゆかり専務理事
12:55~ 講義「さわらび会の基本理念」 講師:山本左近統括本部長
14:35~ 講義「組織活動の理解」 講師:太田育郎施設長
15:45~ 講義「業務遂行上の規則について(含:秘密保持義務)」 講師:山本公伸事務長(医療法人)、土井裕次郎事務局次長(社会福祉法人)
16:40~ 講義「さわらび会の研修について」 講師:藤田聰一郎研修委員長
17:10~ 研修の振り返り試験及びオリエンテーション 担当:さわらび会研修委員

 

 

山本孝之理事長の講義「さわらび会の理念と歴史」では、 さわらび会の理念である「みんなの力で、みんなの幸せを」を原動力として発展してきた、さわらび会の歴史を紹介されました。参加された職員の皆さんは、各々真剣な表情で講義を聞いておられました。
山本ゆかり専務理事の講義「さわらび会職員としての心構え」では、知恵や工夫を出し合い、常に考えて行動することの大切さや、職場を運営していく為には職員の力が不可欠であり、職員同士がそれを自覚し、お互いに協力していくことが職場を永続的に発展させることに繋がると述べられました。
山本左近統括本部長の講義「さわらび会の基本理念」では、質問形式を取りながら、さわらび会が基本理念を根本に現在の形に発展してきたことを、一つひとつ確認しながら理解を深めていきました。
太田育郎施設長の「組織活動の理解」では、「医療と福祉の現場で働く上での基礎的学習」と「さわらび会の一員として、いかにあるべきか」をテーマに講義が進められました。組織の一員として、チームワークや、専門性を高めたり資格を取得するなどの自己研鑽、さらにさわらび会の外に目を向ける広い視野(社会や地域との関わり)等が必要であると述べられました。
山本公伸事務長(医療法人)、土井裕次郎事務局次長(社会福祉法人)の講義「業務遂行上の規則について(含:秘密保持義務)」では、就業規則を資料に、その要点や個人情報などの守秘義務に関して参加した職員と確認をしていきました。
藤田聰一郎委員長の講義「さわらび会の研修について」では、現在の研修体系は「さわらび大学」「職員研修」「さわらび会研究発表会」の大きな3つの柱で構成されており、平成29年度は職種間や施設間で行われる交流研修を追加すると述べられました。
最後に、さわらび会研修委員より、本日の研修の振り返り試験を行いました。研修に参加をした皆さんは、1日通して様々な講義を受けられ、とても充実した表情をされていました。(研修委員会事務局)

2016年10月 開催

11月10日(木) さわらび大学

平成28年度第6回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年11月10日(木) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第二さわらび荘 1階 ふれあいホール
【内容】
   講義1:「犯罪に遭わないお年寄りになるには!」 
                        午後1時30分~2時20分
         講師:豊橋市役所安全生活課防犯グループ
                         伊藤 氏 ・ 小柳津 氏
                           (講義分類:一般)

   講義2:「身体の中からイキイキ元氣になる秘訣」
                        午後2時30分~3時20分
         講師:川越 牧子 豊 氏 
          【講師略歴】
            NPO法人日本綜合医学会食養学院教授、財団法人 職と健康
            財団評議員、株式会社玄米酵素 顧問 栄養管理士。
            マクロビオティック他、穀物菜食を基本とする自然食・健康
            食を国内外で学び、管理栄養士として東洋医学、西洋医学の
            両面から、全国各地で料理指導や講演を行う。
         ※ご参加の皆様に、”手軽に食べる玄米食”玄米発酵食品ハイ・ゲンキ
          のサンプルセットを進呈いたします。

                           (講義分類:医療)
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
   さわらび大学申込用紙

2016年9月 開催

10月4日(火) さわらび大学

平成28年度第5回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年10月4日(火) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第二さわらび荘 1階 ふれあいホール
【内容】
   講義1:「薬の服用について」       午後1時30分~2時20分
         講師:医療法人さわらび会 福祉村病院
                      薬剤室長  石黒 那月 氏
                           (講義分類:医療)

   講義2:「豊橋市立くすのき特別支援学校 概要と役割」
                        午後2時30分~3時20分
         講師:豊橋市立くすのき特別支援学校
                        教頭  木村 豊 氏
                           (講義分類:福祉)
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
   H28.10.4さわらび大学申込書

○今後のラインアップ

  11月10日(木)「犯罪に遭わないお年寄りになるには!」
           「身体の中からイキイキ元氣になる秘訣」

2016年8月 開催

9月8日(木) さわらび大学

平成28年度第4回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年9月8日(木) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第二さわらび荘 1階 ふれあいホール
【内容】
   講義1:「通所サービス施設での活動運動」    午後1時30分~2時20分
       ~メタボリック・シンドロームとフレイルの予防について~
         講師:医療法人さわらび会 福祉村老人保健施設ジュゲム
             リハビリテーション部長 理学療法士 西村 公彦 氏

   講義2:「おばさん脳を鍛える」         午後2時30分~3時20分
       ~ 脳トレーニング ~
         講師:医療法人さわらび会 福祉村地域包括支援センター
             社会福祉士・精神保健福祉士  居澤 知佳 氏
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
   H28.9.8さわらび大学ポスター&申し込み用紙

○今後のラインアップ

  10月 4日(火)「薬の服用について」 
           「障がい者について(仮称)」
  11月10日(木)「犯罪に遭わないお年寄りになるには!」
           「身体の中からイキイキ元氣になる秘訣」

平成28年度中途採用職員研修2日目@さわらび会

日時:平成28年8月17日(水)9:00~18:00
場所:福祉村病院 大会議室
平成28年度に入社された、中途採用職員の研修を実施しました。
2日目は以下の日程で行われました。
9:00~ 講義「感染症について」 講師:小橋修院長(福祉村病院)
10:10~ 講義「高齢者福祉について(1)」 講師:長坂敏幸施設長(カサデヴェルデ)
11:05~ 講義「高齢者福祉について(2)」 講師:村田智施設長(若菜荘)
12:50~ 講義「身体障害者福祉について(1)」 講師:眞河初紀施設長(珠藻荘)
13:45~ 講義「身体障害者福祉について(2)」 講師:石黒稔施設長(しろがね)
14:25~ 講義「知的障害者福祉について(1)」 講師:井川襄(明日香)
15:20~ 講義「知的障害者福祉について(2)」 講師:井上幹詞管理者(グループホーム)
16:00~ 講義「組織活動の理解」 講師:太田育郎施設長(さわらび荘)
17:15~ 講義「消火器の使い方について」 講師:さわらび会研修委員
17:30~ 「研修の振り返り及びオリエンテーション」 担当:さわらび会研修委員

 

 

 

 

小橋修院長の講義「感染症について」では、結核やノロウィルス等を例に、流行の不規則性や感染拡大の仕組みについて述べられました。印象的な事例として、結核に感染しても発病しないケースが一定の割合であったり、感染症は発病しなくても他人を感染させてしまう恐れがあると述べられました。正しく理解し、感染拡大防止に努める事が大事であると思いました。
長坂敏幸施設長の講義「高齢者福祉について(1)」では、高齢者保健福祉政策の流れ、介護保険制度導入の経緯や要介護認定のしくみ、介護保険施行後10年が経過した今の課題や認知症の特徴についてなど、介護保険制度を取り巻く環境を、順を追って述べられました。
村田智施設長の講義「高齢者福祉について(2)」では、地域包括ケアシステムについて述べられました。今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要とのことでした。
眞河初紀施設長の講義「身体障害者福祉について(1)」では、障害者福祉の歩みやその課題について資料をもとに講義をされました。また身体障害者の方の重度・高齢化についてもふれられました。
石黒稔施設長の講義「身体障害者福祉について(2)」では、身体障害の種類や障害者を示すマークなどの例をもとに、身体障害について講義をしていただきました。
井川襄施設長の講義「知的障害者について(1)」では、井川施設長が管理されている「明日香」の利用者の方や周辺の状況を例に講義をしていただきました。
井上幹詞管理者の講義「知的障害者福祉について」では、知的障害の定義や程度、グループホーム利用者の方の日中の活動や、さわらび会の地域での支援体制、知的障害への虐待についてなどが述べられました。
太田育郎施設長の講義「組織活動の理解」では、「福祉職の専門性についての基礎的学習」と「さわらび会の一員として、いかにあるべきか」をテーマに講義が進められました。組織の一員として、チームワークや、専門性を高めたり資格を取得するなどの自己研鑽、さらにさわらび会の外に目を向ける広い視野(社会や地域との関わり)等が必要であると述べられました。
最後に、1日目同様さわらび会研修委員より、本日の研修の振り替えりのオリエンテーションを行いました。専門性の非常に高い研修内容であった為か、研修に参加をされた皆さんの表情がとても凛々しく感じました。(研修委員会事務局)

バックナンバー